2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブログパーツ

  • ブログパーツ
無料ブログはココログ

アクセス解析

  • ASPアクセス解析

2008年6月 8日 (日)

サッカー半歩前進

サッカーのワールドカップ三次予選が行われ、日本はオマーンと引き分けた。
勝ちたい試合だっただけに半歩前進といったところだろうか。
しかし荒れた試合だったように思う。
両チーム共、退場者が一名づつ出るという事態になったが、審判のジャッジにも疑問は残る。
やや日本に辛目だったように思うが、アウェーであることを考えれば仕方がないのかもしれない。
勝てなかったことは残念だが、負けなかったので良かったと思いたい。

2008年1月 4日 (金)

箱根駅伝で思うこと

今回は駅伝の話題です。

正月の風物詩ともなっている箱根駅伝は、
駒澤大学の逆転優勝で幕を閉じました。

毎年、箱根駅伝にはドラマがあります。
シード争い、繰上げスタート等、様々な出来事があり、
観ている僕達も非常に興味深く観戦出来る。

今年の箱根駅伝は3校が途中棄権となり、
その3校は、昨年優勝の順天堂大学、東海大学、
大東文化大学と比較的有力校が棄権となりました。

箱根にはドラマが有るといわれるのも頷けますが、
観ていて疑問に思ったこともあります。

脱水症状で明らかにフラフラになっているのに、
監督、コーチが、なかなかストップをかけない事に疑問を感じました。
特に順天堂大学は遅かったですね。

選手は繋がってきたタスキを途絶えさせない事で必死です。
どんな状態であろうと、本能的に立ち上がり前進するでしょう。
そのような状態を的確な判断で、早目のストップをかけるのが
本当の有能な指導者だと思います。
そのような点から考えると、順天堂大学の監督、コーチは
決して有能だとは思いません。

箱根で勝てるチームをつくる監督が有能ではないのです。
選手の状態を的確に判断できる監督が有能な監督です。

逆に、大東文化大学の監督の判断は的確だと思いました。
ストップをかけるのが早かったですね。
きっと有能な監督なのでしょう。
こういう監督に任せておくと選手の親も安心ですね。

勝つことを優先する駅伝、精神論的な考えを持った監督、
根性でタスキを繋ごうとする選手、
その姿を美徳として伝えるテレビ放送。
これらは全く必要ないだろう。

正月早々、フラフラと倒れた息子の姿を見た親の気持を考えると、
大会運営者側で棄権の規定をキッチリと決めるべきだと思った。
監督、コーチの判断ではなく、大会主催者や医者等の判断により
棄権にする規定が有っても良いと思った。

ちょっと聞いてよ!! ポチっと一押しお願いします

2007年12月 3日 (月)

韓国撃破!!

北京オリンピック、野球のアジア予選で日本が韓国を撃破した。
これで今日の台湾に勝てば文句なしの五輪出場決定。
仮に負けても(考えたくないが・・・・)0-1又は1-2であれば
五輪出場決定となる。
今日勝って、全勝で五輪出場を勝ち取って欲しい。

しかし昨日の試合、ハッキリ言って楽勝では無かったね。
韓国の執念のようなものを感じた。
自らボールに当りに来てデッドボールにしたり・・・
まあ日本の勝ちに対する執念が韓国の執念を上回ったということだろうけど。

日本の勝ちに対する執念に火を点けたのは、
実は韓国自身ではないかと感じた。
韓国の試合前のメンバー表交換と実際のスタメンが違っていた。
確かに国際ルールでは試合開始まではメンバー交代が可能らしい。
従って、韓国もルール違反をした訳ではない。
しかし、ルール違反はしていないが、マナー違反は犯している。

試合前の監督会議で紳士協定を結んだらしいが、
直前のメンバー交代をするなど、紳士のする事ではない。
韓国は紳士協定を反故にしたということだ。

まあ韓国としては必ず勝ちたかったので、左腕の成瀬の先発を知って、
右打者を並べるというスタメンに変更し、
先発投手も右腕から左腕に変更したのだろう。
多分、韓国はダルビッシュ先発を予想していたんでしょうね。

紳士協定を反故にされた日本は絶対に負けられないと思い、
勝ちに対する執念が増したのではないかと思う。

スコアでみると4-3と接戦で良い試合に思えるが、
内容的には韓国の手口の汚さにより台無しになったと思う。

所詮は北も南も同じ民族なのだから、手口が汚いのは仕方が無いか・・・。

ちょっと聞いてよ!! ポチっと一押しお願いします

2007年11月22日 (木)

サッカー五輪出場決定、野球も続け!!

サッカーU-22代表が北京五輪の出場を果たした。
反町監督に対しては比較的厳しい言葉が出ていたが、
結果的に北京五輪出場を果たし、最低限の責務は果たしといえる。
北京五輪では中国が開催国として出場するので、
アジアからの出場枠は3となっていた。
最終予選の各組1位のみが五輪出場と、
前回大会より厳しい条件となっていた。
その厳しい条件を乗り越え五輪出場を果たした若手日本代表に
拍手を送り、本大会での活躍を期待したい。

ここで気になるのが野球のオリンピック予選だ。
星野ジャパンで戦うわけだが、
野球も予選1位のみが本大会出場と狭き門となっている。
アテネ五輪の予選では2位までが本大会出場であったので、
前回大会よりも厳しい条件となっている。
最大のライバル韓国、着実に力を付けてきた台湾が
星野ジャパンの前に立ちはだかるわけだが、
気を抜くと足元をすくわれる結果になる可能性も十分ある。
サッカーに続き野球でも五輪出場を期待したい。

ちょっと聞いてよ!! ポチっと一押しお願いします

2006年12月 4日 (月)

浦和レッズのサポーター

とりあえず仕事が一区切り。
とは言っても、一つの仕事の区切りが付いただけ。
次の仕事の締切りも目の前なので、あまりゆっくりも出来ない。
年内はずっとこの調子かな。

浦和レッズがJ1優勝した。
今朝、ワイドショーで取り上げていたが、レッズサポーターはスゴイね。
イングランドのフーリガンかと思ったよ。
全員がそうだと言うわけではないが、一部の人間は最悪。
テレビカメラマンに食って掛かるし、ケンカをふっかけてくる。
優勝して騒ぎたい気持も分かるが、常識を逸脱した行為は許せない。
レッズのサポーターってマナーが悪い人が多いね。
テレビ見てて、ちょっと残念だったな・・・。

人気blogランキングへ

ちょっと聞いてよ!!

2006年9月20日 (水)

ゴルフ

一日一日涼しくなっていき、スポーツをするには良い季節になってきた。
私はゴルフをしている。
とは言っても、2ヶ月に1回程度コースに出る位だ。
土日は金額が高いので、平日行く事が多い。
平日ゴルフだと、日曜日返上で仕事となるが、
気分をリフレッシュ出来て、仕事の能率も上がるような気がする。

ゴルフ歴は10年近くと結構長いが、打ちっ放しには行かない練習嫌いだ。
当然、上達する訳も無く、100の壁が立ちはだかっている。
ベストスコアは104。
平均スコアは110~120程度だ。
10年やってて100を切れないのは情けないが、結構楽しんでいる。
特に、これからの季節はゴルフをするには最高だ

そろそろゴルフに行きたくなってきた。
何とか100の壁を突破したい。

人気blogランキングへ

ちょっと聞いてよ!!

2006年3月16日 (木)

負けた~

野球のWBC、韓国に1-2で負けちゃった~。

日本の選手はよく戦ったと思うよ。ホントに。

ただ、今回の大会を観てて感じたことがある。

異常にパシフィックリーグの選手の起用が多くないか?

セントラルリーグにも良い選手は多いのに・・・。

僕が疑問に思ったのは、岩村選手が怪我をしたあとの選手。

ロッテの今江選手。

確かに今江選手は良い選手だと思う。

しかし、1点を争う試合で5番今江は無いでしょ。

セントラルリーグの本塁打王、新井選手が居るのでは・・・。

結局WBCの6試合で新井選手が出場したのは、今日の9回裏だけ。

あの状況でヒットを要求するのは無理でしょ。

1試合に1度は代打で出場するとか、生きた球を打たないと勘が鈍るよ。

王監督の目指すスモールベースボールも良いけど、一発勝負の試合の流れを変えるのはホームランだと思う。

セントラルリーグの本塁打王を1打席しか出場させなかった王監督の偏った采配にも疑問が残るのは僕だけ?

松井選手にもガッカリ・・・。

日本が負けて、どういう心境だろうか?

自分が出なくて負けたから、内心ホッとしてたりして。