2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブログパーツ

  • ブログパーツ
無料ブログはココログ

アクセス解析

  • ASPアクセス解析

2011年7月 1日 (金)

采配が全くダメダメだな

野村監督の復帰戦、1-4で負けました。

9回表までは1-1の同点。

ここを抑えれば9回裏にサヨナラも有り得る。

しかし、野村監督の判断は上野登板。

はぁ?

サファテじゃないの?

結局、藤本にスリーランを打たれて、ジ・エンド。

これでは勝てる試合も勝てないな。

昨日は試合が無かったんじゃないの?

サファテは昨日、登板して無いでしょう。

ヤクルトは連夜の延長引き分けだよ。

どう考えたって、早目早目に仕掛けるべきでしょ。

やっぱり高監督の方がいいんじゃねぇ?

2011年6月30日 (木)

久し振りに気持ちが良い

久し振りに気持ち良く更新が出来る。

高監督代行の2戦目となる阪神戦、2-1で勝ちました。

いや~、高監督代行、いいですね。

何よりもベンチの雰囲気が良いし、

選手も楽しくプレーしているように思える。

高監督代行はベンチでも声を出して選手を盛り上げていました。

采配も積極的に動いていて良かったと思います。

このまま高監督になればいいのに・・・・と思ってしまいます。

ブラウン監督辞任以来、久し振りに気分の良い試合だった。

明後日からはまた暗いベンチになるのかな。

野村監督も見習って欲しいですね。

2011年4月14日 (木)

バリントン、救世主となるか

新外国人のバリントンが好投し、3-1で阪神に勝ちました。

バリントンは8回まで投げて被安打7の無失点。

メジャーでの全体1位の片鱗を見たような気がします。

これで何とか3タテは免れました。

バリントンが広島の救世主となってくれると良いのですが。

2011年4月13日 (水)

開幕2連敗

4月13日 vs 阪神タイガース @ 甲子園 (● 1-2)

201104131

201104132

201104133

阪神3連戦の2戦目、1-2で負けました。

これで開幕2連敗ですね。

今日の試合を、どのように評価して良いか、非常に迷います。

得点した1点は、非常に良い得点の仕方でした。

東出の四球、盗塁を絡めて、広瀬のタイムリーヒット。

非常に良い攻撃でしたが、得点は、この1点だけ。

安打数も3なので、今日は貧打でしたね。

ただ、得点した4回は攻撃にも問題が有りました。

四球2つを選んでいるのだから、もう少し上手く攻めれば良かった。

スタンリッジの調子から考えて、大量得点は期待出来そうになかった。

広瀬のタイムリーで追い付き、トレーシーが四球を選んだ場面、

ワイルドピッチも重なり、1アウト1塁、3塁の勝ち越しのチャンス。

トレーシーは4番打者とはいえ、決して調子は良く有りません。

ここで代走、天谷、または中東でも良かったのではないだろうか。

足の速い選手を出し、ダブルスチール(3塁は少し遅れてスタート)を仕掛ける。

3塁ランナーがスタートすると、2塁には送球出来ない可能性があります。

いや、1塁ランナーの単独スチールでも良かったかもしれない。

とにかく、揺さぶる必要が有ったと思う。

4回に、あと1点でも取って勝ち越していれば、

試合の流れは大きく変わっていたと思います。

試合の流れ、展開が全く読めていない野村監督。

本当に進歩の無い監督だと感じた。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2011年4月11日 (月)

いよいよ開幕

開幕も明日になりました。

しかし、何だか気分が乗ってきません。

地震の影響なのか、原発が終息しないからか、

カープに期待が出来ないからなのか、

良く分かりませんが、気分が盛り上がりません。

ブログを書くと盛り上がるかと思い、

明日からは出来るだけ更新します。

さて、評論家各氏の順位予想が出ています。

スポニチの評論家各氏の予想は以下のようになっています。

K201104_2

ほとんどの評論家が5位か最下位ですね。

佐々岡のみが3位の予想。

カープを応援したいのは分かりますが、ちょっと無謀ですね。

あまりハチャメチャな予想をすると、

評論家としての能力を疑われかねません。

せめて4位にしておくべきだったと思います。

まあ、戦力は充実しているので、普通にやればAクラスは大丈夫でしょう。

問題は監督ですね。

では、今季もカープの優勝を願って、ブログ再開です。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2011年4月 5日 (火)

開幕一週間前

開幕問題が迷走したが、4月12日で決まり、

今日が開幕日の一週間前となる。

最近は練習試合ばかりで、なかなか詳しい試合結果が入ってこない。

まあ、中国新聞では確認出来るんだけど、

レギュラーシーズンほどの詳しさは無い。

それが逆に冷静な目でカープを見させてくれる。

今季のカープはどうなんだろう?

そう思いながら新聞を読むが、今季も決して明るくは無い。

唯一、野村監督の雰囲気、考え方が変わったのは窺い知る事が出来る。

昨年のような肩肘を張ったような感じではなく、

若干、余裕のある、リラックスした雰囲気だと思われる。

これがシーズン中も持続出来れば良いが、

昨季のように、短気な性格が出るとチームは崩壊するだろう。

まずは投手陣。

この再建をしない限りは上位は不可能だ。

どういうシーズンになるか楽しみではある。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2010年11月21日 (日)

ブライアン・バリントン獲得

カープの補強が活発だな。

今度は2002年のメジャーリーグドラフトで

全米1位指名を受けたブライアン・バリントン投手を獲得しそうだ。

Photo

彼も試合数こそは少ないが、現役のメジャーリーガー。

今季もカンザスシティ・ロイヤルズでメジャー登板を果たしている。

その時の映像がこれだ。

(場合によっては15秒程度のCM後に始まります)

http://mlb.mlb.com/video/play.jsp?content_id=11023197

http://mlb.mlb.com/video/play.jsp?content_id=10844081

う~ん、ちょっと肩の開きが早いような気がする。

投げるフォームもルイスの方が綺麗だったな。

フォームはジオに近いかもしれない。

変化球の切れは良い気がする。

日本の野球に順応出来るかどうかが重要だ。

貴重な先発候補だけに活躍を期待したい。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2010年11月18日 (木)

内川は必要なのか?

広島カープが初めてFA戦線に乗り出した。

対象選手は内川。

交渉解禁後、他球団に先駆け、一番の交渉となったが、

本当に内川って必要なんだろうか?

野村監督の強い推薦があったようだが、

これが全く信用できない。

っていうか、強く推薦するから不安なんだな。

ヒューバーで失敗したように、

野村監督はスカウトとしての能力は皆無だ。

それ以前にポジションだな。

内川はファースト、ライト、レフトが主なポジション。

まあ、センターも可能なんだろうが、誰を外すのか。

サードは新外国人のトレーシーとしたら、

ファーストに栗原が戻る。

外野は、廣瀬、嶋、赤松、岩本、天谷・・・・。

大金出してまで内川を獲る必要は無いだろう。

それよりも先発投手陣を補強したほうがいいんじゃないか?

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2010年7月 2日 (金)

今日の勝ちは大きい

横浜との最下位決戦。

2-1で勝ちましたhappy01

なんと、1安打で勝利!!

これを喜んでよいのか・・・。

いや、勝ったのだから喜んで良いのだ。

3回の攻撃は理想的でしたね。

梵が四球で出塁し、盗塁、ワイルドピッチで3塁に進み、

赤松のスクイズで得点。

う~ん、素晴らしい。

7回は小窪の四球、代走木村となり、

今日、唯一の安打である石原の2塁打で勝ち越し。

代走木村も正解でした。

今日は良い勝ち方でしたね。

ただ、こういう勝ち方は

セットアッパー、クローザーが安定しているチームの勝ち方です。

今日は大島、上野が抑えたので勝てましたが、

最後はヒヤヒヤでした。

次もこういう勝ち方が出来るとは限りません。

最小安打で得点を取ることも重要ですが、

その最小得点を守りきるセットアッパー、クローザーを

固定する事が必要だと思います。

その役目、今日のように大島と上野に任せてみてはどうだろう。

今日も最後は危なかったが、結果的には抑えた。

プロ入り初セーブらしいが、昨年はファームで抑えをしていた時期もある。

性格的にはクローザー向きかもしれない。

勝ち試合、負け試合、色々な場面で投げるより、

役割分担をキッチリと行ったほうが安定すると思うんだけどな。

さあ、連勝を続けるぞ。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2010年6月30日 (水)

5位転落

弱いな。

本当に弱い。

今日は絶対に勝たなければいけない試合だった。

それなのに・・・・、9回に逆転負けweep

ベイルが打たれた。

ベイルに抑えは厳し過ぎる。

でも、他に誰も居ない。

得点は取るので投手力が・・・・という声を良く聞く。

全く間違ってますよ。

今のカープに得点力は有りません。

現に、僅差の試合では負けている。

つまり、10点取られれば9点取る。

15点取られれば14点取る。

1点しか取られなければ無得点。

結局、相手投手も味方が大量得点してくれれば、

ある程度の失点までは許す投球をする。

ランナーが出ても打者に集中するとか・・・。

結局は大量失点するから大量得点出来るんだよね。

それを、野村謙二郎監督は勘違いして、

投手が踏ん張れば勝てると思ってる。

そこが、そもそもの間違いなんだよね。

最近、ノーガードで打ち合う野球が多くなったと感じます。

野球が大雑把になってきている。

暗黒時代再来への序章なのだろうか・・・・。

>  ← 押して頂ければ嬉しいです

より以前の記事一覧