2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブログパーツ

  • ブログパーツ
無料ブログはココログ

アクセス解析

  • ASPアクセス解析

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

単独最下位

ついに単独最下位。

今後に希望がある最下位なら救いようがあるが、
現時点では全く希望が見えない。

選手が働かないという意見もあるが、
それは今更始まったことではない。

昨年と打撃に関しては大きな低下要因は無いはずだ。

中継ぎ投手にしても、今季はボロボロだが、
昨シーズンだって同じメンバーで戦ってきた。

では何故成績が落ちるのか。

起用法だと思う。

中継ぎ投手の起用法は昨年とは全く違う。

ブラウン監督は回またぎの投球は極力避けた。
しかし、野村謙二郎監督は平気で回またぎ投球をする。

それが良いか悪いかは別として、
結果が出ていないのであるから、
起用法は間違っていると言わざるを得ない。

夏場が不安だな。

何だか楽しみの少ないシーズンになりそうだ。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2010年4月21日 (水)

5割目前

色々とあって更新する気にならず、更新が滞ってました。
心配事もあったのですが、無事に解決し、
これからは出来るだけ更新したいと思います。
ただ、仕事が忙しいので・・・・・、頑張ります。

更新しない間もカープの事は気にかけていました。

今日現在、22試合を終えて10勝12敗。

開幕直後に7連敗したところから、
何とか5割目前まで戻してきました。

中日に3連勝も有りましたし、
ここ最近は調子が良いですね。

勝ち方が非常に良いと思います。

3連勝中はサヨナラ勝ちや逆転勝ち。
今日は小窪の本塁打で勝ち越し。

僅差の試合に勝てるようになってきました。

その反面、心配なのが投手陣。

3連勝中も、どちらかと言えば打ち勝った感じです。

今日は前田健太の好投で投手力の勝ちですが、
チーム防御率が非常に悪いのが気になります。

中継ぎ投手も登板数が増えていき、
夏場には投壊するのではないかとの不安も有ります。

先発投手も中4日登板があるし、
シーズンを戦い抜く戦い方ではないと感じます。

今は調子が良いので気分は良いですが、
一抹の不安も有ります。

一戦必勝で戦えば勝てますが、
シーズンを通した戦いをして欲しいと思います。

最終的にAクラス、いや、優勝出来る戦い方を希望します。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2010年4月 9日 (金)

同一カード勝ち越し

泥沼の7連敗を抜けた翌日は齊藤で敗れましたが、
昨日は前田健太の投打にわたる活躍で勝利。

ヤクルトとの3連戦は2勝1敗となり、同一カード勝ち越しとなりました。

しかし、喜んでばかりはいられません。

同一カードの勝ち越しは出来ましたが、
未だに連勝が有りません。
たまたま勝ち越しが出来たに過ぎないともいえます。

昨日の先発の前田健太は中5日での登板でした。
本来であれば篠田の登板予定だったのですが、
現在、中継ぎに回っているので先発投手が一人少なくなっています。

そこで前田健太が中5日での登板となりました。
前回の登板が118球、今回が115球と投球数は極端に多くは無いですが、
この時期に中5日で登板する必要があるのかという疑問も有ります。

メジャーでは中4日、100球程度での登板が普通ですので、
中5日で100球程度であれば問題ないように思われがちですが、
アメリカと日本では湿度が違います。

日本のような湿度が高い地域では、体力の消耗も激しくなるでしょう。
今の時期は比較的、湿度が低目ですが、
これから梅雨時期になると湿度は高くなります。

中5日での登板を予定するのであれば、
90球程度にする必要が有るのではないかと感じます。

昨日の前田健太は完封も可能な状況でしたが、
先のことを考えて、自らマウンドを降りたようです。

野村監督、大野コーチが勧める先発完投。
今の時代の野球には合いません。

前田健太の方がよっぽど現在の野球に適合しています。

野村監督も、もう少し柔軟な姿勢を見せて欲しいと感じました。

今日からは横浜3連戦。

先発はジオ。(彼も中5日での登板です)
まずは初戦を取って、今季初の連勝をし、
一気に同一カード3連勝といきたいですね。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2010年4月 5日 (月)

泥沼の7連敗

カープが泥沼の7連敗と苦しんでいます。
正直なところ、現時点で勝てる気がしません。

連敗の原因は何と言っても投手陣。
チーム防御率が5.55と最悪です。
昨年のチーム防御率が3.59である事を考えると、
いくらルイスが抜けたといっても考えれないくらいの悪さです。

野村監督、大野ヘッドコーチの考えの下、
ブルペンでの球数制限を撤廃し、
秋季キャンプ、春季キャンプで投げ込みを行いました。

その結果、大竹、今井が故障により離脱。

さらには、昨年までのストライク先行の投球から
ボール球を使って投球を組み立てるように指示され、
1試合当たりの四死球が昨季は2.72であったのに対して
今季は3.16と若干増えています。

さらに、四死球のみでなく、カウントを悪くして
ストライクを取りにいったところを痛打されるということも
多くなっています。

僕は野村監督、大野ヘッドコーチに対して、非常に疑問が有ります。

昨年までのカープは投手陣は整備されつつありました。

ブラウン監督4年間の一番の功績は、投手陣の再建だと思います。

しかし、野村謙二郎監督は、その流れを引き継ぐ事をせず、
新たな方針で秋季キャンプ、春季キャンプに臨みました。

その結果、投手陣の崩壊。

長いシーズンを戦い抜くには投手力が重要です。
ブラウン監督はその事を理解し、投手陣の整備を進めたのだと思います。
その分、攻撃に関しては整備が進まず、貧打で負けることもありました。

野村監督には、ブラウン監督の残した良い部分は引き継いでもらい、
ブラウン監督に劣っていた部分をフォローしてもらい
強いカープの復活を期待したのですが、
ブラウン監督の残した功績までをもぶっ壊してしまいました。

ブラウン監督のやり方が気に喰わなかったのは理解しますが、
もう少し大人のやり方というものがあったと思います。

それとも、カープの投手陣が再建されていないと思っていたのか・・・。

この連敗、結構長引くかもしれません。

今年のカープは開幕前に感じた期待感の無さ通りでした。

まだ8試合だという意見も有りますが、
上向く感じが見られません。

例年に無く、楽しみのないシーズンとなっています。

書きたいことは愚痴ばかりになります。

これから上向くという微かな期待を込めて
本日の愚痴を終了します。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2010年4月 1日 (木)

プロ野球13チームへ

プロ野球チームが13チームになるらしい。

http://npn.co.jp/article/detail/20982611/

今日はエイプリルフールなんですね・・・・。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

【楽天】 大勝!!

千葉ロッテとの3連戦の2戦目。
4-13と大勝でした。

楽天の先発青山は2球目を投げたところで
左わき腹を痛めて降板。

当然、ブルペンの準備は出来ているわけも無く、
今日も敗色濃厚というムードがありました。

それを救ったのが長谷部。
急な登板であった為に、制球は定まらず
先頭の西岡には四球を与えてしまい、
犠打と2塁打で先制点を取られました。

しかし、後続を断ち、5回終了まで4失点と
粘りの投球で試合をつくりました。

5回終了時では4-4の同点でしたが、
その後、楽天の打線が爆発し
中継ぎ投手陣も、小山が2回、川岸が1回を
無失点で抑え、最後はモリーヨが1回を無失点で抑えました。

終わってみると13-4と大勝です。

チーム防御率も3.079と依然3点台をキープしています。

前にも書きましたが、今年の楽天は投手力が安定していますので、
打線が良くなるにつれて順位も上がってくる事でしょう。

鉄平は復調の兆しがありますが、心配なのは山崎武司です。
元々、スロースターターですので、そのうち良くなると思いますが、
今日の状況を見ると、ちょっと心配です。

明日も勝って、このカードの勝ち越しを決めたいですね。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »