2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブログパーツ

  • ブログパーツ
無料ブログはココログ

アクセス解析

  • ASPアクセス解析

« 栗原のサードへのコンバート | トップページ | オープン戦3連勝 »

2010年3月 6日 (土)

ロッテ戦初回の攻防

今日のオープン戦はロッテとの試合。

ローカルのテレビ新広島で放送されているので、
ちょっと遅めの昼食を食べながら観戦した。
初回を観戦して感じた、新外国人の感想を書いてみよう。

広島の先発はジオ。
初回はヒット1本打たれたが、無難に無失点。

この投手、球は速くないが手元で動いているようだ。
真ん中に思えた球でも、打者の打ち損じが多い気がする。
バットの芯を外しているのだろう。

ジオは問題なく活躍しそうな気がする。
12~13勝、いや、15勝以上も可能かもしれない。

打者では5番打者のフィオ。
この選手、選球眼が非常に良い。
初回は四球で出塁した。
また、低目のボール球や変化球に手を出さず、
日本の野球にフィットしそうだ。

三振が少なく、高出塁率の成績を残しそうだ。
フィオもシーズンを通して活躍し、
3割以上の打率を残し、出塁率は4割近くなるかもしれない。
非常に期待が出来そうだ。

問題はヒューバー。
野村監督推薦のヒューバーだが、
現状では非常に厳しい状況となりそうだ。

今日も1打席目は三振。
追い込まれて低目の変化球に、クルリと回転した。
この辺りがフィオと違うところだ。

一発の魅力はあるが、打率が低いようでは使えない。
このままでは、残念ながら5月には
ベイル、ソリーアーノらと交代している可能性が高いと思う。

シーズンまでに日本の野球に慣れれば良いのだが・・・・。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

« 栗原のサードへのコンバート | トップページ | オープン戦3連勝 »

広島カープ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12124/33655282

この記事へのトラックバック一覧です: ロッテ戦初回の攻防:

« 栗原のサードへのコンバート | トップページ | オープン戦3連勝 »