2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブログパーツ

  • ブログパーツ
無料ブログはココログ

アクセス解析

  • ASPアクセス解析

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月10日 (土)

サブタイトル変更

ブラウンカープの戦いが終わりました。
そういう訳で、サブタイトルの変更を行いました。
ブラウンカープ → 野村謙二郎カープに変更です。

今日の最終試合は1-0で完封勝ち。
大竹が完封しました。
来季に向けて気分良く終わる事が出来たのではないだろうか。

引退を決めている緒方も3塁打を打ったし、
終わり良ければ全て良しという事にしておきますか。

来季からは監督が代わり、
起用される選手にも変化がでてくるだろう。
野村謙二郎がどのような采配をするか楽しみだ。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年10月 9日 (金)

ブラウンカープの4年間

今日はブラウンカープの4年間を振り返ってみようと思う。

ブラウン監督は4年前、Bクラスから脱出できないカープを
変えるために監督に就任した。

ブラウン監督が就任する前までは、
カープは打力で勝負するチームだった。
しかし、その反面、チーム防御率が悪く、
Aクラス入りできない原因の一つでも有ったと思う。

ブラウンが監督に就任してからは、
チームカラーが全く変わった。
どちらかというと、貧打のチームとなり、
チーム防御率は格段に良くなった。

ブラウン監督には信じる思いがあったようです。
いつかの記者会見で、メジャーのアトランタ・ブレーブスを
引き合いに出して、次のように言ってました。

『なぜ、アトランタ・ブレースが10年も連続で地区優勝できるか。
それは、強力な安定した投手陣が居るからだ。
常勝チームにするには投手力を高める事だ。』

間違っていないと思います。
ブラウンの想定した通り、投手の整備は進みました。
若い投手も台頭してきました。

ブラウンでなければ前田健、齊藤、篠田は二軍だったかもしれない。
今井も起用してもらえなかったかもしれない。

投手の年齢で言えば、おそらく12球団でも若い方でしょう。
これから数年が楽しみな投手陣をつくりました。

しかし、打撃陣に関しては、就任前よりも
ホームラン、得点、打率の全てで悪くなっています。

ブラウンの重いとしては、まず、投手陣の整備。
投手陣の整備が終了してから打線の整備だったのかもしれません。

ブラウン監督になって故障者が減ったのも良かったと思います。
カープの悪しき伝統【猛練習】。
これでキャンプ中に故障者が出て、
シーズンはベストメンバーで戦えない。
あるいは、故障を抱えてのプレーで100%の力が発揮できない。

確かに練習も大事だろうけど、
プロなんだから猛練習は必要ないでしょ。
基本が出来てる人間がプロになってる訳だし、
練習したからといって、飛躍的に成長するとは思えない。
投手の投げ込みなんて全く訳が分からない。

レッドソックスの松坂のように投げたい人は投げればよいが、
ノルマとして全員に課すのは意味が無いと思う。
投げ込みを行わないブラウンになって、
チーム防御率が上がったのが何よりの証拠だ。

カープは何年もBクラスに留まっていたチームです。
チーム改革には同じだけの年数が必要なのかもしれません。

ブラウン監督にとっては、これから打線の整備というところで
監督の座から降りるのであれば、志半ばかもしれませんね。

ブラウンカープの4年間を一言で言うならば、
『改革は確実に成功しつつある』ということでしょうか。

采配面では不可思議采配もあったが、
チーム力の整備という面では功績を称えたいと思います。

僕個人の考え方は、
チーム作りは長期的な視野で行うべきと思っているので、
本音の部分では、もう少しブラウンに任せたいとも思っています。

次期監督と思われる野村謙二郎にも、
決してブラウン就任前の悪しき伝統を実践し、
シーズンがまともに戦えないような状態になる事はしないで欲しい。

ブラウン監督、4年間ご苦労様でした。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年10月 6日 (火)

今季のブラウンカープの戦い

ついに今季4位以下が確定した。
これで、ブラウン監督の続投は無くなり、
次期監督として野村謙二郎に監督就任要請が有ったらしい。

まだ試合数が残ってはいるが、
今季のブラウンカープの戦いを総括してみようと思う。

昨シーズン、最後の最後までプレイオフ進出を争い、
4位でシーズンを終えた事により、
今季に対する期待は非常に大きかった。
今年は3位以内が可能と言う声も多かった。

マツダスタジアム元年と言う事も有り、
3位以内は至上命令でもあった。

今年のカープは広くなった球場に対応するべく、
機動力野球を掲げてシーズンの戦いを始めた。
序盤は確かに機動力を使っていた。
盗塁数もリーグトップを争っていた。
犠牲バントも多かった。
しかし、あまりにもスモール過ぎた。
タイムリーが打てない事により、
得点力が無く、防御率トップの投手陣を擁しても勝てなかった。

何とか投手の踏ん張りで勝てていた試合も、
打線がつながらない事により、投手陣の負担が増え、
徐々にチーム防御率も落ちてきた。

ここでブラウンカープは方針を転換した。
機動力野球、スモールボールを諦め、
ビッグボールへの野球に転換した。

マクレーンを加入させ、フィリップスを加入させた。
この方針転換、間違いではないと思っている。
盗塁、犠打を多用しても、タイムリーが打てなくては得点できない。

今年の成績はすべて打線に有ったと思っている。
誰に責任があるかは難しいところだが、
他球団に比べて戦力的には明らかに劣っている。
その戦力で9月終盤まで楽しめたのは、
ブラウン監督の力量によるものだと思っている。

残念ながら、ブラウン監督は退任と言う事になるが、
今季の成績の責任がブラウン1人の責任ではないと思っている。

次回の更新で、ブラウンカープ4年間の総括をしようと思う。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »