2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブログパーツ

  • ブログパーツ
無料ブログはココログ

アクセス解析

  • ASPアクセス解析

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月27日 (木)

もう一度、奇跡を夢見て応援するぞ

昨日も今日もヤクルトに勝ってしまった。
今日は6-0からの逆転勝ち。
でも、何だかスッキリしない。

先日の更新で、2009年のシーズンは終わったと書いたが、
本当に諦めきっていない自分が居る事に気付く。

恐らく、この3連戦を負け越していれば
こんな気分にはならなかったのだろうが、
勝ち越してしまった。
更に、今日のような大逆転の試合を見せられると、
ちょっぴり期待してしまう。

メジャーリーグで言われている事がある。
優勝の可能性についてのデータだが、
逆転出来るゲーム差の算出方法があるらしい。

上位チームとのゲーム差の2乗を算出し、
自チームの残り試合数x4と比較する。
残り試合数の方が大きければ可能性は有るらしい。

このデータから外れたチームで、
逆転優勝したチームは無いらしい。

カープのCS進出の可能性に当てはめてみた。

ヤクルトとのゲーム差は、今日勝って8.0となった。
ゲーム差の2乗は64.0

カープの残り試合は34試合。
残り試合数の4倍ば136.0。

何だ、まだまだ大丈夫じゃないか・・・。

一度諦めた気持ちを持ち直して、
可能性が0になるまで応援してみるか・・・。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年8月25日 (火)

2009年の戦いは終わった

ヤクルトとの直接対決に負けた。
これで今年のシーズンは終わったな。

今まで、前向きに応援してきた。
しかし、今日で完全に終わったと思う。
ネガティブな思考ではない、現実を直視するだけ。

今年はもう少し頑張ると思っていた。
しかし、昨年よりもだらしないシーズンだった。

総括するには早過ぎるが、思った事を書きたい。

今年の成績はブラウンだけの責任ではない。
確かに監督の采配、選手起用に不明な点は多々ある。
しかし、そればかりではない。

期待した選手が働かなかった。
筆頭は栗原。
四番打者が現状の成績では勝てるはずが無い。
何よりも感じた事は、勝ちに対する執念が見えない。
チャンスに凡退しても、
ベンチに帰って白い歯を見せるようではダメ。
いつもホームラン狙いのようなバッティング。

犠牲フライでよい場面でも大振りする。
四番がこれではダメだね。
まあ、その選手を四番で使う監督にも問題はあるが・・・・。

ああ・・・明日からは平穏な日々になるな。
カープが勝っても負けても気にならない。
来季に期待するか・・・・。

来季の監督は誰だろう。
誰がやっても同じだな。

ああ、つまらないな・・・・

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年8月23日 (日)

来季を見据えるか、諦めずに戦うか

カープの状況は非常に厳しいですね。

ヤクルトが調子を落としてきたが、
肝心のカープの調子が上がらない。

Aクラス入り出来なければブラウン監督は解任。
今のままでは解任の可能性が高いですね。

本来であれば、今季は諦めて、
来季を見据えた戦いをして欲しいところです。

確かに、まだCS進出の可能性は残っていますが、
確率的には非常に少ないですね。

ただ、ブラウン監督には来季の監督続投がかかっているので、
決して来季を見据えた戦いなんてしないでしょう。
何が何でも今季は勝ちを優先するでしょう。

来季の監督が誰になるかは大きな問題だが、
誰がやっても今の戦力では上位は無理だろう。

今季のこの成績。
決してブラウンだけの責任ではないと思う。

僕個人としては、今の戦力で良く頑張ってると思うんだけどな・・・・。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年8月 9日 (日)

読み違ってよかった

昨日の先発投手の読み違い。
吉と出ましたね。

これから先は、右投手、左投手関係無しで
スタメンを決めても良いと思います。
特にフィリップス。
彼は使わない方が良いですね。
打たないし、守備は悪いし・・・。

今日の先発予想はルイスになっていますね。
中4日での登板ですが、
ルイスにとっては中4日の方が調子が良いのではないかと思います。

相手の先発予想は下柳。
左投手かぁ・・・。
フィリップス先発の可能性大だな・・・。

右打者を使いたいなら廣瀬のほうが良いのに・・・。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年8月 8日 (土)

先発投手、読み違い

今日は試合終了後に更新出来そうに無いので、
先に更新しておきます。

今日はスタメンからフィリップスの名前が消えました。
代わりに入ったのが末永。
単なる先発投手の読み違いですね。

恐らく右投手の金村暁と思ったのでしょう。
それで左打者の末永を使った。

始まってみると左投手の筒井。
読み違えた事が吉と出るか凶と出るか。
凶と出る事は無いですね。
フィリップスよりも悪い結果って有り得ないですから。

今日も奇跡を信じて応援するか。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年8月 7日 (金)

完膚なきまで

叩き潰された感じがする。

今日の阪神戦は0-4の完封負け。
点差以上の差を感じる。

今年はもう上昇しない気がする。
その理由は、ブラウン監督の外国人起用だ。

今日もマクレーンとフィリップスを併用。
何故なんだろうか。
フィリップスの打率は0.208となっている。
マジですか。
野手ですか?と言いたくなる。

石原も2割を切っているが、彼は守備の人だと思う。
フィリップスは・・・・・、完全に打撃の人でしょ。
打撃力アップの為に獲得したんでしょ。
打たなきゃダメでしょ。
打たないんだったら使う理由が無いでしょ。

守備だって見ていられない。
何でもないライナーをポロリするし・・・。

マクレーンも打撃力アップで獲得して、
打率0,240ではダメでしょ。

この二人を使い続けている時点で、
今年のカープは終わったな。

ブラウン監督は今季限りになりそうです。
せっかくチーム力を向上させても、
上手く使い切れなかったようですね。

そう言いながら、明日になったら奇跡を信じて
応援する自分が居るんだよな・・・・。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年8月 5日 (水)

スッキリしない

今日の巨人戦は延長12回で引き分け。

何だかスッキリしない。
負けなかったから良かったと言う次元ではなく、
勝てなかったので残念と言う次元だ。

12回表にクルーンの暴投でもらった1点。
もしかしたら勝てるかもしれないと思った。
しかし・・・・、あさっりと同点ホームランを打たれた。

勝てる試合を引き分けた。

前にも書いたが、ここ最近の負けは、
全て勝てる試合だった。
上手くいけば7連勝だったはずなのに、
3勝3敗1引き分け。

借金7つ返済出来るはずが、1つも返済出来なかった。
たらればを言ってはいけないが、
あまりにもお粗末な野球が続いている。

さすがにCS進出は厳しくなってきた。
奇跡的な連勝をするか、
中日、ヤクルトのどちらかが、
奇跡的な連敗をしない限りは難しいだろう。

CS進出を逃すと、ブラウン監督は今季限りで解任らしい。
当然と言えば当然だが、監督だけが悪いのだろうか?
抑えの永川がしっかり抑えていれば勝てる試合は多かった。

永川を抑えに使うブラウンに責任があると言えばそれまでだが、
監督が代わっただけで劇的に強くなるとは思えない。

CSを逃すとブラウン解任と言う意見に反対はしないが、
次の監督を誰にするかが問題だ。

根性論や精神論を振りかざし、
猛練習を課すような監督は絶対に反対だ。

まだまだ少しではあるがCS進出の可能性がある現在、
次期監督の事は考えないようにしたいと思う。
願わくば、奇跡的な連勝をし、3位以上を確保して、
ブラウン監督続投というのが理想だ。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年8月 4日 (火)

敗因は末永

今日痛い逆転負け。

9回までは4-2で勝っていたが、
クローザーの永川が亀井に同点ツーランを打たれた。

延長11回裏には、2イニングス目の横山が
またもや亀井にサヨナラツーランを打たれた。

ここ最近の敗戦は、こんな試合ばっかり。
横浜戦も3連勝出来る試合だったし、
今日も勝てる試合だった。

敗戦の要因として目に付くのは、
永川と横山の、亀井に打たれたツーランだが、
核心は違う部分にあると思う。

4回裏の末永の守備。
怠慢プレーにも程がある。

亀井が盗塁→石原が2塁へ悪送球。
それたボールがレフトへ。
それを捕球した末永。
ランナー無警戒の緊張感の無い守備。

緩慢なプレーを見た亀井は一気に三塁を回りホームイン。
クロマティの守備を見ている様だった。

この緊張感の無さがチームを暗黒へと導いた。
その裏、ツーアウト満塁で末永。
あっけなく三振。

自分のプレーを怠慢だと思っていないのか?
思っていれば、もう少し気迫ある打席になったはず。
もう少し粘る姿勢が見えたはず。

末永はダメだと思った。
前田二世との呼び声が高く、
確かにセンスはあるのだろうが、
怠慢プレーが多すぎる。

今季、スタメンで出場した試合では、
記録にならないエラー(怠慢プレー)が目に付く。
これがレギュラーを奪えない原因だろう。

今日の敗因は末永の姿勢だと思う。
緊張感の無いチームが勝てる訳が無い。

末永を二軍に落とすくらいの厳しさがないと、
チームに緊張感は生まれない。

一生懸命のプレーでのエラーは許せる。
しかし、今日のような怠慢プレー、
しかも記録にはエラーが付かない様なプレーは
絶対に許せない。

末永も自分の立場を考えて、
もう少し真剣にプレーして欲しい。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年8月 3日 (月)

監督が悪いのか、選手が悪いのか

昨日の試合は、まさかの敗戦だった。

序盤で5-0と大きくリード。
どう考えても負けるとは思わなかった。

初回の攻撃は見事だった。
まさに、そつの無い野球。
こんな野球も、やれば出来るという事を証明するような攻撃。

全く無駄なアウトが無かった。
3アウトのうち犠牲フライが2つ。
う~ん、無駄が無い。

ここまでは良かったが、6回から雲行きが怪しくなった。
突如崩れる大竹。
なんだこりゃ。

これだけ点差が有っても勝てないのか?
やっぱり大竹は負け越し投手なんでしょう。
プロ入り以来、勝ち越したのは一度だけ。
それもクローザーを任された年なので、
ローテを守って勝ち越したことは無い。
通算成績も41勝54敗。

もう伸び代が無いな。
大竹もここまでだと思います。
これだけ毎年毎年ローテに加わって、
一度も勝ち越したことが無いなんて・・・・。

こういう投手がエースだ、エース候補だと言われるチーム。
監督の采配にも問題は有るが、
大竹がエースと呼ばれるようでは、
選手の力量も知れたとこだろう。

今年のこの成績。
監督が悪いのか、選手が悪いのか。

どっちもどっちだな。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年8月 2日 (日)

勝った勝った

今日は今井が良く投げた。
5回2失点。
勝ち投手にはならなかったが、
試合を作ることは出来たと思う。

もう少し長く投げさせても良かったかもしれないが、
今日は5回降板で正解だったかもしれない。

今日の勝因は、2点先制された後、
すぐに逆転出来たことだと思う。

牧野が同点に追いつかれたが、
その後の青木勇、横山が無失点で抑えたことが、
8回裏の勝ち越しにつながったように思う。

今季の横山は不安定だが、
今日は良い横山だったようだ。

最後は、昨日打たれた永川が、3人で抑えて試合終了。

今日のカープはミスもあったが、良い野球をしていたと思う。
最後の得点シーンであるスクイズ。
石井琢朗が上手くバットに当てた。

こういう細かい野球、
1点にこだわる野球を続けてほしい。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »