2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブログパーツ

  • ブログパーツ
無料ブログはココログ

アクセス解析

  • ASPアクセス解析

« スタメンが固定されてきた。 | トップページ | 勝った勝った »

2009年7月31日 (金)

なんてこった・・・・

負けた・・・。
連勝は2で止まった・・・。

今日は何から書いてよいか分からない。
と言うよりは、書こうと思っていたことが色々あった。

まず、8回表までの時点では、
ブラウン采配で負けたことを書こうと思っていた。

好投していた青木高を、64球、被安打2、無失点で5回降板。
6回の小松は1失点。
7回の横山は3失点で逆転された。

明らかに継投ミスだった。
確かに、6回表を青木高が無失点で抑えたかは分からない。
7回表を無失点で抑えたかは分からない。
しかし、中継ぎ投手が逆転されたので、結果的には継投ミスだ。

このような内容を書こうと思っていた。

しかし、8回裏には怒涛の攻撃で逆転。
この時点で、書こうと思う内容が変わった。

この試合はブラウンの計算された試合展開だったんだ。
2連勝で勢いに乗っているチームを
更に勢いづける状況を作り出すために、
好投していた青木高を下げ、最近不安定な小松と横山を投入した。
思惑通り、両投手は逆転を許した。

ここで再逆転をすれば、ますますチームは勢いづく。
このような計算が有ったかどうか。
有るはずはないですね。
結果的には再逆転し、ブラウンの思惑通り?チームは勢いづいた。

しかし、この8回の裏に不満な事があった。
栗原の良い当たりを吉村が好捕した。
あれが抜けていれば、ますます点差は開き、
余裕を持って9回を迎えられただろう。
しかし、あれは捕った吉村を褒めるべきプレーだ。

では、何が不満だったか。
好捕された後、ベンチに帰ってからの栗原。
テレビで映されていたが、白い歯を見せて笑っていた。

違うだろ!!
アウトになったんだぞ。
ヘラヘラ笑ってる場合じゃないだろ。

このとき、カープの方に、いや、栗原に心の隙が有るのではないかと思った。
逆転していたので、勝ったつもりでいるのではないかと思った。

そして、試合が終わって書こうと思った事。

案の定、9回には栗原の怠慢プレーが出た。
確かに石原のバックアップも遅かったが、
後ろにそらさなければ良かっただけのこと。
あれは栗原の怠慢プレーだ。

なんてこった・・・・

見事に再逆転された。

打たれた永川もつまらないが、
今日の敗戦は栗原の白い歯が象徴している。

ベンチの雰囲気が良いのと、
緊張感が無いのとは似ているが全く違う。

今日のような緊張感の無い態度をする選手が
一人でもいれば、Aクラス入りなんて絶対出来ない。

はぁ・・・。疲れた。

結局、書きたかったことは全て書いた・・・・。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

« スタメンが固定されてきた。 | トップページ | 勝った勝った »

広島カープ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12124/30778326

この記事へのトラックバック一覧です: なんてこった・・・・:

» 貧打、継投ミス、拙攻・拙守、永川劇場 [激烈 赤ヘル応援記]
本日の結果 C6−7B 今年のカープの運の悪さを象徴した試合、悪いところが凝縮された試合でした。 序盤は内野ゴロの山を築き相変わらずの貧打ぶりを発揮、 それでもフィリップスに一発が出てカープリード。 先発青木高が珍しく無失点のまま5回を投げ切り降板。 終盤への継投で・・・、いきなりのミス。 6回同点とされ、さらに7回横山が3失点・・・。 うーん、痛い・・・、駄目か・・・。 と思いきや、どっこい野手陣には粘りがありました。 土壇場8回裏、相手のミスもあり一挙4点をゲット、大逆転です! 素晴ら... [続きを読む]

« スタメンが固定されてきた。 | トップページ | 勝った勝った »