2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブログパーツ

  • ブログパーツ
無料ブログはココログ

アクセス解析

  • ASPアクセス解析

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

なんてこった・・・・

負けた・・・。
連勝は2で止まった・・・。

今日は何から書いてよいか分からない。
と言うよりは、書こうと思っていたことが色々あった。

まず、8回表までの時点では、
ブラウン采配で負けたことを書こうと思っていた。

好投していた青木高を、64球、被安打2、無失点で5回降板。
6回の小松は1失点。
7回の横山は3失点で逆転された。

明らかに継投ミスだった。
確かに、6回表を青木高が無失点で抑えたかは分からない。
7回表を無失点で抑えたかは分からない。
しかし、中継ぎ投手が逆転されたので、結果的には継投ミスだ。

このような内容を書こうと思っていた。

しかし、8回裏には怒涛の攻撃で逆転。
この時点で、書こうと思う内容が変わった。

この試合はブラウンの計算された試合展開だったんだ。
2連勝で勢いに乗っているチームを
更に勢いづける状況を作り出すために、
好投していた青木高を下げ、最近不安定な小松と横山を投入した。
思惑通り、両投手は逆転を許した。

ここで再逆転をすれば、ますますチームは勢いづく。
このような計算が有ったかどうか。
有るはずはないですね。
結果的には再逆転し、ブラウンの思惑通り?チームは勢いづいた。

しかし、この8回の裏に不満な事があった。
栗原の良い当たりを吉村が好捕した。
あれが抜けていれば、ますます点差は開き、
余裕を持って9回を迎えられただろう。
しかし、あれは捕った吉村を褒めるべきプレーだ。

では、何が不満だったか。
好捕された後、ベンチに帰ってからの栗原。
テレビで映されていたが、白い歯を見せて笑っていた。

違うだろ!!
アウトになったんだぞ。
ヘラヘラ笑ってる場合じゃないだろ。

このとき、カープの方に、いや、栗原に心の隙が有るのではないかと思った。
逆転していたので、勝ったつもりでいるのではないかと思った。

そして、試合が終わって書こうと思った事。

案の定、9回には栗原の怠慢プレーが出た。
確かに石原のバックアップも遅かったが、
後ろにそらさなければ良かっただけのこと。
あれは栗原の怠慢プレーだ。

なんてこった・・・・

見事に再逆転された。

打たれた永川もつまらないが、
今日の敗戦は栗原の白い歯が象徴している。

ベンチの雰囲気が良いのと、
緊張感が無いのとは似ているが全く違う。

今日のような緊張感の無い態度をする選手が
一人でもいれば、Aクラス入りなんて絶対出来ない。

はぁ・・・。疲れた。

結局、書きたかったことは全て書いた・・・・。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

スタメンが固定されてきた。

今日も、あと15分で試合が始まる。

今日のスタメンは、昨日のスタメンから捕手が変わっただけ。
会澤→石原に変更されただけだ。

一昨日と比べても、末永と赤松が入れ替わっただけ。
何だか、基本的なスタメンは固定されつつある気がする。

まあ、一昨日も昨日も打ち勝ったのだから、
大きく入れ替える必要はないと思う。
そういった意味では、ブラウン監督の起用は間違っていない。

今日の先発は青木高。
僕は彼に期待している。
決して球は速くないが、緩急とコントロールで抑えれば、
十分勝てると思っている。
変に速球頼りのパワーアーム投手より安心できる。
ただし、コントロールと緩急が上手く使えればだが・・・・

メジャーリーグのフィリーズ、モイヤーや、
阪神の下柳のように、のらりくらりと抑えてほしい。

今日も勝って3連勝を期待する。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年7月30日 (木)

久し振りの連勝

久し振りの連勝だsmile

開始前はルイスと会澤の相性を気にしていたが、
とりあえずは取り越し苦労だったようだ。
ただ、4回までのピッチング(捕手:会澤)と、
5回からのピッチング(捕手:石原)とでは、
明らかにルイスの投球テンポが違った。
石原のほうが投げやすかったのだと思う。

打線は昨日に続いて良く打った。
どうしたんだろう?
今までの貧打、タイムリー欠乏が嘘のようだ。

昨日、今日と良い野球をしている。
犠打、エンドラン、盗塁を多用した野球が上手くいっている。
これがブラウンの目指した野球に近いのかもしれない。

こうして考えると、今のカープはまだ発展途上なのかもしれないと思う。
このままの成績で終わるようだとブラウン解任も仕方が無いが、
これから巻き返し、5割復帰した場合には、
来季の続投も考えても良いかもしれない。

こうしてブログを書きながら、常に揺れ続ける心がある。
ブラウンではこれ以上強くならないと思う心と、
ブラウンだからここまで強くなったと思う心。

シーズン終了時にはハッキリした結論が出るだろう。

明日からは横浜戦。
3連勝を願って応援したい。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

ルイスと會澤、大丈夫か?

今日もあと少しで試合が始まる。

相変わらずマクレーンとフィリップスは併用だが、
驚いたのは捕手が會澤ということ。

大丈夫なのか・・・・。
ルイスと石原の相性は良いみたいだが、
ルイスと會澤はどうだろう?

ルイスがイライラしながら投げるようだと良くない。
バッテリーエラーが出るのも怖い。

バッテリー間の意志の伝達は本当に大丈夫だろうか・・・

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年7月29日 (水)

勝った・・・

勝った・・・(´;ω;`)ウウ・・・
10-6で勝った・・・・o(;△;)o

泣きたくなるくらい嬉しい。
10点は取り過ぎだろう。
6点も取られ過ぎだが・・・。

しかし、今日の勝ちは手放しで喜べる勝ちではない。
ヤクルトがエラーで自滅してくれたので助かったが、
一歩間違えば、カープが同じ状況だった。

その原因は齊藤。
今日の齊藤は最低だった。

投手にフォアボールを与えた後にスリーランを打たれたし、
送りバントは失敗して併殺になる。

後で考えると、勝てたのが不思議なくらいだ。

齊藤に先発ローテを任すのは早いのかもしれない。
前田健太も同様だ。
しかし、他に投手が居ないので仕方が無い。

今日勝てたことで勢いが付けば良いのだが。
そして、打線がつながった事が良い方向に向かえば良いのだが。

3位ヤクルトとの差は、まだまだ大きい。
クライマックスシリーズ進出の可能性は非常に低いが、
最後まで諦めず戦って欲しい。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

相変わらず

今日もあと10分ほどで試合が始まる。

今日のスタメンは、

(ニ)東出
(中)末永
(右)天谷
(一)栗原
(三)マクレーン
(左)フィリップス
(遊)石井
(捕)石原
(投)齊藤

ん?
また、マクレーンとフィリップスの併用?
相変わらずだとガッカリした。

試合終了後にブログ更新したいと思うが、
その気になるかどうか・・・

今日こそは勝って欲しいのだが・・・

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年7月28日 (火)

後半戦開始

今日から後半戦が始まった。
しかし、カープは6-2で敗戦。

相変わらず貧打ではあるが、
それ以上にスタメンに不満を抱く。

今日もマクレーンとフィリップスが名を連ねた。

貧打解消の為に獲得した両者、
本当にチームの為になっているのか?

今シーズンのカープは機動力を使った野球を目指して始まった。
ところが、貧打により大砲である両者を獲得し、
機動力ではなく打力によるチームに変貌を遂げようとした。

これが失敗だったと思われる。

マクレーンが加入してから、
いや、フィリップスが加入してからの勝率は、
明らかに、それ以前より低いように思われる。

ここがブラウン監督の限界なのだろうか。
来季の続投を見据えて、勝たねばならない試合が続き、
焦りと共に判断力も失ってしまったのか。

諦める訳ではないが、客観的に考えても非常に厳しい。

ブラウンが来季の監督である可能性は低くなったと言っても過言ではない。

これからカープが浮上するには、原点に立ち帰り、
機動力を活かした野球を行う事だと思う。
当然、マクレーン、フィリップスの両者がスタメンに名を連ねる事は無い。

ブラウンが決断できるかどうかが問題だ。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

2009年7月21日 (火)

ここまでか・・・

中日との連敗が止まらない。

それ以前に、チームの状態は最悪だ。
7月に入って負けが多い。
借金はどんどん増えていく。
交流戦の好調がウソみたいだ。

敗因は色々考えられる。

打てない事が原因でもあり、
投手の踏ん張りが利かなくなったのも原因。

しかし、一番の原因は監督の采配に思えてしまう。

ブラウンを有能な監督と信じていたが、
さすがに心がブレた。

昨日のシュルツ登板時の捕手選択。
何故、會澤だったのか。
ベンチには倉も居た。
會澤を相手に、シュルツは投げ難そうだった。
倉だったらどうか。
抑えた可能性は十分あった。

今日の試合も4点先制しながら、
結局、逆転負け。
さすがに心が折れる。

前半戦は明日で終了。
今のチーム状態では、
明日の負けも覚悟しなければいけない。

オールスター中に気分をリフレッシュし、
後半戦の巻き返しを期待したい。

ただし、ブラウンが今のままでは厳しいかもしれない。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »