2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブログパーツ

  • ブログパーツ
無料ブログはココログ

アクセス解析

  • ASPアクセス解析

« ブラウン野球とは | トップページ | ZoomーZoom はどこいった? »

2008年12月25日 (木)

広池投手について

先日、カープの来季の予想ロースターに関する記事を書いたが、
28人の出場登録選手の中に広池投手を入れなかった。

別に忘れていた訳でも何でもなく、
予想していくと28人から溢れてしまっただけのことだ。

広池投手は貴重な中継ぎ左腕として活躍を期待しているが、
どうしても優先順位では下位になってしまう。

ただ、困ったときの広池と言われるくらい、
非常に使いやすい投手らしい。

ある程度の連投は出来るし、先発もできるので、
ローテーションの谷間を埋める時期もあった。

確かに中継ぎ投手としては経験豊富で、
頼りになる投手であることは間違いないと思う。

現状では一軍登録枠に入っていなかったとしても、
夏場の苦しい時期には必ず一軍で投げる機会が多くなると思う。

しかし、僕が広池投手に期待しているのは、
選手としての才能ではなく、コーチとしての才能だ。

コーチとしての才能といっても、
当然、広池投手にはプロ野球コーチの経験はない。
アマチュアでも有るかどうかは疑問だ。

ただ、広池投手のブログを読んでいると、
コーチとしての才能が有るのではないかと期待する。

広池投手は決してエリートではありません。
カープの入団テストを受けた事もあるし、
入団した時はドラフト8位でした。

プロに入ってからの成績も、
超一流選手という訳ではありません。

しかし、気が付けば10年のプロ生活を送っています。
ドラフト1位の選手が数年で戦力外になることもある
厳しいプロの世界で、10年間のプロ生活を
送ることが出来たという事は素晴らしいと思います。

広池投手がプロで10年間投げ続ける事が出来る原点を
広池投手のブログで垣間見る事が出来ます。

非常に理に適ったトレーニング方法や、
メンタル的な事に対する取り組み。

コーチとしての手腕を期待しない訳にはいきませんでした。

名選手が名コーチとは限りません。

メジャーの世界では、選手時代の能力と
監督、コーチとしての能力は全く別物として扱われています。

残念ながら日本のプロ野球界は、
名選手でなければ監督、コーチになる可能性が低いです。

広池投手のような人が、
意外とコーチの才能があるのかもしれません。

僕個人としては、将来の投手王国を築けるような
名コーチになってほしいと思います。

  ← 押して頂ければ嬉しいです

« ブラウン野球とは | トップページ | ZoomーZoom はどこいった? »

広島カープ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12124/26470211

この記事へのトラックバック一覧です: 広池投手について:

« ブラウン野球とは | トップページ | ZoomーZoom はどこいった? »