2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブログパーツ

  • ブログパーツ
無料ブログはココログ

アクセス解析

  • ASPアクセス解析

« 閑話休題 | トップページ | バレンタイン監督は来季まで・・・ »

2008年12月 9日 (火)

チーム編成について

カープの今年のストーブリーグは比較的穏やかだ。

昨年は黒田、新井のFA、そして新外国人を4名補強。
そして、新井と交換で阪神から赤松を獲得。

色々な出来事があったストーブリーグだったが、
今年は大きな出来事は起きそうにない。

アメリカではウィンター・ミーティングが始まり、
その結果や交渉によっては、
新外国人が追加される可能性は残されているが、
話題として出てこないので、可能性は低いと思う。

来季に向かってのチーム編成は、
ほぼ終了というところだろうか。

メジャーリーグではチーム編成はゼネラルマネージャー(GM)が
行う場合がほとんどだが、日本でGMを置いている球団は少ない。
カープもGM制度にはなっていない。

編成部長とかいう役職があるのだろうが、
GMとは全く異なるものだと理解している。

GMはチーム編成の責任者、監督は現場の責任者と
完全に分業となっているメジャーでは、
直接、監督がチーム編成に係ることは少ないようだ。
そういった意味では、今のカープはGM制に
近いのかもしれないが・・・・。

ブラウンの意向はあまり反映されてないように思う。
コーチ陣にしても、獲得する選手にしても、
球団主導で行われおり、ブラウン監督は、
与えられた戦力で戦うだけだ。

アメリカ出身監督だから、比較的受け容れ易かったのかな。

今後、カープが強くなるためにはGM制を導入するべきだと思う。
チーム編成が上手くいかず、チームが強くならないようであれば、
監督と同様に、途中解任できるシステムの方が良いと思う。

財政的に苦しい球団であるので、
お金をかけずにチームを強くする方法を探るべきだろう。
そのためにもGMは必要不可欠だと思う。

          ←  押して頂ければ嬉しいです

« 閑話休題 | トップページ | バレンタイン監督は来季まで・・・ »

広島カープ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12124/26060648

この記事へのトラックバック一覧です: チーム編成について:

« 閑話休題 | トップページ | バレンタイン監督は来季まで・・・ »